2階に行く階段をリビングを通らないといけないようにした事

学生の子供がいるので、中高生になった時に、親に黙って家を出ないようにと、2階に行く階段をリビングを通らないといけないようにしたが、住んでみてわかったことは、子供の友達などが遊びにきた時に必ずリビングを何人も通るので、くつろぎの空間のはずのリビングが全然くつろげない場所になってしまったことがよく分かった。

せっかくマンションのように階下への騒音も気にせずにどんどん友達を呼んで遊んでもいいよ。

と言える環境になるはずだったのに、いつ誰が一階に降りてくるか気にして過ごさなければならないので、いつでもいいよ。

と言えなくなってしまい後悔しています。

子供達もあっという間に成長するので、いちいちリビングを通らないといけないようにしなくてもいいと思いました。

家の構造を考える時に、数年だけの事を考えて決めるのではなく子供達が独立して夫婦二人だけになった時のことも含めて考えないようにしないといけないと思いました。

住んでみて直せるような失敗なら良かったんですが、階段の場所を変えるというのは建て直しをしない限り無理なので一生住む家というのは面倒くさいと思っても何度も家族と話し合い、頭の中で生活するシュミレーションをするといいと思いました。

こちらもどうぞ⇒注文住宅 狭山市